• メールマガジン
  • メールマガジン

メールマガジン

サロン

お知らせ

原発大国・韓国というリスク -『NEWSを疑え!』第597号(2017年6月29日号)

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 原発大国・韓国というリスク
◆ 西日本の住民は避難余儀なし
◆ 世界第6位、24基が稼働
◆ 日本が実行すべき3点
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ カリフォルニア州が保守的な州に経済制裁
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 米が4年ぶりにミサイル脅威報告書(西恭之)
◎編集後記
・『オスロ合意』が問う日本の平和主義

インドが「相乗り衛星」市場をリードする – 『NEWSを疑え!』第596号(2017年6月26日特別号)

◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・インドが「相乗り衛星」市場をリードする
◎編集後記
・米イージス艦、被害局限の教訓(小川和久)

米国の空母を語るときの常識 -『NEWSを疑え!』第595号(2017年6月22日号)

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 米国の空母を語るときの常識
◆ 空母打撃群とは
◆ 日本にいる打撃群は世界最強
◆ 巡航ミサイル原潜の威力
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ 麻薬組織撲滅に投入されたメキシコ海軍
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 米海軍で操船ミスが増えている(西恭之)
◎編集後記
・ FIJが発足しました

米国、ミサイル防衛用レーザーの開発を再開 – 『NEWSを疑え!』第594号(2017年6月19日特別号)

◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・米国、ミサイル防衛用レーザーの開発を再開
◎編集後記
・なだしお事件から29年…今昔の感(小川和久)

日本の特殊部隊の「現実」-『NEWSを疑え!』第593号(2017年6月15日号)

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 日本の特殊部隊の「現実」
◆ 拉致被害者を救出というが
◆ 朝鮮語もわからず北朝鮮に潜入?
◆ これが日本の特殊部隊だ
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ イラクのクルド人自治区が独立住民投票を予定
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 中国空母を狙う米国の大型無人潜水艇(西恭之)
◎編集後記
・ さようなら! 大田昌秀さん
1 2 3 4 5 6 109