『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

強化される韓国の「敵基地攻撃」能力

『NEWSを疑え!』第525号(2016年9月29日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 強化される韓国の「敵基地攻撃」能力
◆ 北朝鮮封じ込めは新段階に
◆ 「キル・チェーン」システ
◆ 「玄武」シリーズの実戦配備が加速
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ インドがパキスタンに反撃しない理由
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 軍人票で優勢になれないトランプ(西恭之)
◎編集後記
・ いつまで続く「憲法9条天動説」

◇◆強化される韓国の「敵基地攻撃」能力

Q:2016年に入って北朝鮮は、1月の「水爆」と称する核実験を皮切りに短・中・長距離弾道ミサイルを盛んに発射。8月には潜水艦発射弾道ミサイルを撃ち、9月には5回目の核実験をおこないました。危機感を募らせる韓国では、またぞろ核武装論まで飛び出しています。今回は韓国の「敵基地攻撃」能力について教えてください。

小川:「まず、北朝鮮の最近の動向を概観しておきましょう。時事通信サイトから、2016年1~8月の動きをまとめた表を引用し、9月以降のぶんを追加しておきます」



(小川和久)