『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

2001年9月11日に行われていた米露核戦争演習の教訓

『NEWSを疑え!』第521号(2016年9月12日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・2001年9月11日に行われていた米露核戦争演習の教訓
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・北朝鮮の核ミサイル開発の到達点(小川和久)

◇◆ 2001年9月11日に行われていた米露核戦争演習の教訓

2001年9月11日の同時多発テロ発生当時、フロリダ州にいたブッシュ大統領は、専用機「エアフォースワン」の給油のために立ち寄ったルイジアナ州バークスデール空軍基地で声明を発表し、ネブラスカ州オファット空軍基地の米戦略軍司令部でテレビ会議を行ってから、ワシントンへ戻った。テロ発生まで両基地では核戦争の演習が行われていたが、直ちに中止され、ハイジャック機に対する警戒と、大統領一行の受け入れに作業を切り替えた。この様子を、先週9月8日付オマハ・ワールド・ヘラルド紙(ネブラスカ州)が、当時の米戦略軍幹部への取材に基づいて再構成している。

北米航空宇宙防衛司令部(NORAD)が9・11の朝、ロシアの爆撃機の来襲に備える指揮所演習「ヴィジラント・ガーディアン(油断のない守護者)」を行っていたことは、『9/11委員会報告書』(対米テロ攻撃に関する国家委員会の最終報告書、2004年7月)でも明らかになっていた。

エバーハート元NORAD司令官は9/11委員会に対し、NORADはハイジャックの第一報から「30秒ほど」で演習から実任務へ切り替えたと述べている。同委員会によると、NORADと北東防空管区には、指揮所演習のため、ふだんよりも大勢の要員が詰めていたので、迅速に対応できたという。



(小川和久)