『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

ロシアの軍事力を知っておこう

『NEWSを疑え!』第518号(2016年9月1日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ ロシアの軍事力を知っておこう
◆ 連邦軍プラス準軍事組織
◆ ほぼ同じ人口で日本の4倍の兵力
◆ 3本柱の改革を進めているが…
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ 韓国の原子力政策と両立しない原潜保有論
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 北朝鮮のSLBMは陸上配備される(西恭之)
◎編集後記
・ わが日本国の緊張感に欠けるお話

◇◆ ロシアの軍事力を知っておこう

Q:リオ・オリンピックでロシアのドーピング問題が騒がれるなか、ロシア連邦保安庁(FSB)が、ウクライナ特務機関がクリミア半島で大規模なテロを計画していたと発表しました。『Newsweek日本版』は、軍事クーデターを鎮圧したトルコのエルドアン大統領をロシアが助けたのでは、との見方を伝えています。どうもロシアの動きがキナ臭いようですが、小川さんはどう見ますか?

小川:「BBCとNewsweek日本版のサイトにリンクを貼っておきましょう。ウクライナのテロ工作やクリミア半島への侵入については、ポロシェンコ・ウクライナ大統領が『(ロシア連邦保安庁の発表は)幻想であり、軍事的脅威をあおる口実』と猛反発、アメリカのピャット駐ウクライナ大使も『ロシアの主張を裏付ける証拠は何もない』と語っています。Newsweekによれば、軍部クーデターの兆候をロシア情報機関が察知してトルコ側に知らせたという話はイランの政府系通信社が報じたもので、ロシア・トルコとも否定しており、推測の域を出ません」

ロシア ウクライナが「クリミアに侵入」と非難
(BBC NEWS JAPAN 2016年08月11日)
http://www.bbc.com/japanese/37042494



(小川和久)