『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

朝日新聞は韓国のイージス艦が9隻になると伝えたが

『NEWSを疑え!』第515号(2016年8月22日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・朝日新聞は韓国のイージス艦が9隻になると伝えたが
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・中国公船と向き合う海保巡視船の武装は…(小川和久)

◇◆ 朝日新聞は韓国のイージス艦が9隻になると伝えたが

朝日新聞(8月18日)は、韓国政府が2023‐27年にイージス艦3隻を調達することについて、この3隻に弾道ミサイルを迎撃するスタンダード・ミサイル3(SM-3)の搭載が可能となるとして、韓国のイージス艦が合計9隻になると誤報した。実際は、この3隻を配備した時点で韓国が保有するイージス艦は6隻となり、19日の読売新聞は6隻と正確に報道している。

【朝日新聞の誤報】イージス艦3隻、韓国が導入方針 迎撃ミサイル搭載可能

「韓国政府は2020年代半ばから、迎撃ミサイル『SM3』搭載が可能なイージス艦を導入する。韓国防衛事業庁が17日、明らかにした。SM3は弾道ミサイル防衛(BMD)の柱の一つ。予算上の問題などは残るが、事実上の日米韓MD体制の構築にさらに一歩、近づくとみられている。



(小川和久)