『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

日本唯一の雑誌図書館・大宅文庫

『NEWSを疑え!』第506号(2016年7月14日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 日本唯一の雑誌図書館・大宅文庫
◆ 大宅壮一は「野次馬精神の親玉」
◆ ロッキード取材は相関図作りから
◆ 企画が湧き出す「ネタの宝庫」
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ 南シナ海仲裁判断の影響が日本にも及ぶ?
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 米空軍が敵勢力下への空輸を演習(西恭之)
◎編集後記
・ 危機管理できる都知事候補や~い!

◇◆ 日本唯一の雑誌図書館・大宅文庫

Q:朝日新聞が2016年5月末、〈大宅壮一文庫、赤字続く マスコミ利用「雑誌の図書館」〉という見出し記事を掲載しました。『週刊現代』の仕事をしていた小川さんには、おなじみの場所でしょう。今回は、大宅文庫の話を聞かせてください。

小川:「まず、朝日新聞の記事を引用しておきます。リンクだけでは、記事が削除されてしまうことがありますので」

大宅壮一文庫、赤字続く マスコミ利用「雑誌の図書館」
(朝日新聞 2016年5月30日)
http://digital.asahi.com/articles/ASJ4P5DVZJ4PUCVL00Y.html

大宅壮一文庫、赤字続く マスコミ利用「雑誌の図書館」



(小川和久)