『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

米海兵隊がC-130とオスプレイの全機を武装化

『NEWSを疑え!』第489号(2016年5月16日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・米海兵隊がC-130とオスプレイの全機を武装化
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・「トランプとのパイプがない」なんて言うなよ(怒)(小川和久)

◇◆ 米海兵隊がC-130とオスプレイの全機を武装化

 米海兵隊はこのほど、地上目標に対する精密攻撃能力をKC-130Jスーパーハーキュリーズ空中給油・輸送機に与える、ハーベスト・ホークというキットを、保有する全てのKC-130JとMV-22オスプレイ輸送機に搭載することになった。海兵隊の航空担当副司令官のジョン・デービス中将が、米海軍協会ニュースの取材に明らかにした。

 ハーベスト・ホークの照準器は、赤外線と可視光による着陸地点の望遠画像を表示することができるので、オスプレイの乗員は、着陸地点の面積が十分で障害物がないことを、着陸前に確認できるようになり、安全性の向上につながる。



(小川和久)