『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第423号(2015年8月27日号)

『NEWSを疑え!』第423号(2015年8月27日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 日本のテロ対策を検証する(2)
◆ FBI人質救出チームHRT
◆ 隊員を人質役に実弾射撃
◆ オリンピックにどう備えたか
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・米国籍が出生地主義である重大理由
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・危機に瀕する?ロシアの徴兵制(西恭之)
◎編集後記
・10式戦車のキャタピラが外れた!

・10式戦車のキャタピラが外れた!

 陸上自衛隊が行っている恒例の富士総合火力演習に行ってきましたが、最終日の8月23日、戦車部隊の隊員以外では滅多に見ることのできない光景を目の当たりにし、しかも、その出来事によって自分の思い込みを整理させられる結果となり、色んな機会には望んで顔を出すものだと、改めて思ったしだいです。

 滅多にお目にかかることができない光景というのは、大観衆の目の前で最新鋭の10式戦車のキャタピラ(履帯)が外れてしまい、それを修理するために90式戦車回収車が登場し、10式戦車の44トンの車体を浮かせながらキャタピラをつなぐ作業を行ったことです。



90式戦車回収車(クレーンで90式戦車の車体を浮かせる作業をしている)



(小川和久)