『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

『NEWSを疑え!』第393号(2015年5月7日号)

『NEWSを疑え!』第393号(2015年5月7日号)
◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆テロ根絶にも有効な病院船
◆日本の病院船議論のおかしさ
◆中国が展開する「病院船外交」
◆これが日本の病院船構想だ
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・国際法は密航船の阻止に無力
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ホルムズの脅威は海峡封鎖ではない(西恭之)
◎編集後記
・日本人は危機管理できる?できない?

◎編集後記

・日本人は危機管理できる?できない?

 5月5日、共同通信が次のような興味深い記事を配信しました。

「東京電力福島第1原発事故直後の汚染水処理に当たった原子力世界最大手フランス・アレバの元最高経営責任者(CEO)アンヌ・ロベルジョン氏(55)が5日までの共同通信の取材に『日本には危機管理の訓練が欠けていた』と述べ、日本政府や東電が十分な対策を取っていれば、事故は避けることができたとの認識を示した。

 パリ市内で取材に答えた。2011年6月にCEOを退任して以降、第1原発事故の対応をめぐり、日本メディアの取材に応じたのは初めて。

(小川和久)