• メールマガジン
  • メールマガジン

メールマガジン

サロン

お知らせ

『日本人が知らない集団的自衛権』

『日本人が知らない集団的自衛権』(文春新書)が
尾崎行雄記念財団の「ブックオブザイヤー2014」に選ばれました。
【主な内容】
はじめに なぜいま集団的自衛権なのか?
第1章 集団的自衛権とはなにか?
第2章 日本の安全保障をゼロから考えよう
第3章 政治家と官僚の無知が自衛官を殺す
第4章 亡国の「マスコミ世論」
第5章 「歯止め」としての集団的自衛権
おわりに フレデリック・フォーサイスの警告

『ハクソー・リッジ』が描く衛生兵 -『NEWSを疑え!』第606号(2017年8月3日号)

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 『ハクソー・リッジ』が描く衛生兵
◆ 激戦地に出た良心的兵役拒否者
◆ 捕虜にはできない
◆ 自衛隊の衛生兵は
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ トランプはベネズエラ危機をタカ派に丸投げ
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ ロシアが北朝鮮ICBMを過小評価する政治的理由(西恭之)
◎編集後記
・ 中国のステルス戦闘機の進化ぶり

イランは1日前、北朝鮮式の衛星打ち上げロケットを試射 – 『NEWSを疑え!』第605号(2017年7月31日特別号)

◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・イランは1日前、北朝鮮式の衛星打ち上げロケットを試射
◎編集後記
・感心している場合じゃない北朝鮮のICBM開発(小川和久)

これがイスラエルの軍事産業だ -『NEWSを疑え!』第604号(2017年7月27日号)

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ これがイスラエルの軍事産業だ
◆ ユニークなメルカバ、アイアン・ドーム…
◆ 人的損耗を防ぐ思想
◆ 『隙間産業』としても活路
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ スウェーデンで史上空前の機密漏洩
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ 次の北朝鮮ICBMが落下する海域は…(西恭之)
◎編集後記
・ 是々非々とはほど遠いマスコミ

米国が開発中の潜水艦の対潜能力を倍増する新兵器 – 『NEWSを疑え!』第603号(2017年7月24日特別号)

◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・米国が開発中の潜水艦の対潜能力を倍増する新兵器
◎編集後記
・日報問題を教訓とする(小川和久)

一口にヘルメットというけれど -『NEWSを疑え!』第602号(2017年7月20日号)

◎ストラテジック・アイ(Strategic Eye)
◇◆ 一口にヘルメットというけれど
◆ 「石炭バケツ」「洗面器」…
◆ 時代を映すヘルメット
◆ 米軍の最新型は小銃弾にも
◎セキュリティ・アイ(Security Eye)
・ 日本が参考とすべき豪州の情報活動強化
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎ミリタリー・アイ(Military Eye)
・ トランプ側近が企てるアフガン戦争民営化(西恭之)
◎編集後記
・ 子供じみた「軍事報道」
1 2 3 4 5 109