『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

潜水艦や機雷を撃破できるイスラエルの無人艇

『NEWSを疑え!』第503号(2016年7月4日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・潜水艦や機雷を撃破できるイスラエルの無人艇
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・もう1機のスクランブル機はどこにいた(小川和久)

◇◆ 潜水艦や機雷を撃破できるイスラエルの無人艇

 共同通信は7月1日、防衛装備庁がイスラエルと無人偵察機を共同研究する準備を進めていると報道したが、同時にイスラエルの無人機メーカーが、「対潜水艦戦(ASW)は敵が潜水艦を保有することに比べてコストがかかり、費用対効果の面で不利」という常識を覆す無人艇を開発していることも、押さえておくべきだろう。

エルビット・システムズ社の無人艇「シーガル」(カモメ)は6月28日、ハイファ沖で魚雷を試射し、無人艇として世界で初めて、潜水艦に対する攻撃能力を証明した。シーガルの運用構想は、陸上または艦艇に設置した1台のワークステーションが複数の無人艇を制御し、対潜水艦戦、対機雷戦、艦船の護衛、捜索救助、港湾警備、水中測量など多様な任務を遂行しようというものだ。


魚雷を発射する無人艇「シーガル」



(小川和久)