『NEWSを疑え!』は有料メールマガジンコンテンツです。バックナンバーは会員登録をされた方のみ読む事が出来ます。
  • 会員登録をされていない方は「購読する」ボタンより購読手続きを行って下さい。
  • 購読する

  • 会員の方は枚ページログイン後「バックナンバーを読む」ボタンよりお読みいただけます。
  • バックナンバーを読む

中国が南シナ海を重視する理由を整理しよう『NEWSを疑え!』

『NEWSを疑え!』第447号(2015年11月30日特別号)
◎テクノ・アイ(Techno Eye)
・レーザーによる旅客機妨害への対策
(静岡県立大学グローバル地域センター特任助教・西恭之)
◎編集後記
・中国が南シナ海を重視する理由を整理しよう(小川和久)

◇◆ 中国が南シナ海を重視する理由を整理しよう

 南シナ海での中国の動向について、テレビ番組の短い時間に説明しようとしても、言い尽くせないことばかりで欲求不満が募ります。

 専門家の立場から、中国は対米安定路線に舵を切っていると説明しても、その部分を時系列の表にでもしない限りは、納得してもらえないようです。

 むろん、このメルマガの読者の皆さんにはおわかりのことばかりですが、基礎知識のない人にテレビを通じて話すというのは、やはり疲れます(笑)。

 その南シナ海ですが、中国が埋め立てて3000メートル級の滑走路を建設したファイアリークロス礁の役割に関連して、米国の対潜水艦部隊を排除するための戦闘機の拠点化という見方があります。



(小川和久)